読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

greatteacherの日記

プロのこじらせ女子の、迷える人生を徒然なるままに。

やばいな

好きな気がする。

 

一緒にいて適度にときめけるし、何でも話せて気を遣わないで過ごせる。何よりとにかく楽しい。

 

恋愛観や結婚観も不思議なくらい合う。こんなに歳違うのに。

 

年齢じゃないけど、気にしてしまうこの年齢差。

 

せめて10歳以内なら全然GOだと思う。

 

私も彼も結婚したい。だけど彼はまだ若い。私にしてしまうのはダメだ。

 

人生どうしてこううまくいかないのかな。

じゃ原因は?

生理は常に28日前後で安定している私が、昨年24~29日に乱れていたことに今更気付き、更年期の手前なのか?と不安になり、先月検査をした。

 

思い返せば昨年は彼の結婚や卵子凍結等悩みも多く、秋からは過敏性腸症候群から情緒不安、不整脈、あんきせんてんと、生理不順になるような原因はあった。

 

しかしそれも今思えば、ストレスで自律神経が乱れたから生理不順になったのか、更年期が近く自律神経が乱れたから生理不順になったのかわからなくなった。

 

生理が乱れているだけで特段異常は感じられない為、ホルモン検査はもしかしたらしてもらえないのではとドキドキしながら受診したが、心配なかれ検査できた。しかも思っていた以上に。

 

LH&FSH&E2に加えて、プロジェステロンもしてもらえた。

 

これでわかる。更年期が近付いているのか、ストレスが原因なのか。

 

結果。正常値。どれも正常値。

 

更年期が近付いてはいなかったと安心した。

 

そもそも医師は、私の周期は正常の範囲内だとは言っていた。24日を心配すると、そういうこともあると。

 

心配することないのかな。内膜もそこそこ厚みあるみたいだし。

 

しかし新たな疑問が。正常値なのになぜ昨年から乱れるようになったのか?これは何が原因なのか?ストレスなのか?

 

生きていると悩みや疑問は尽きないということか。

 

何はともあれ、今なら妊娠出産出来る可能性があると安心したと同時に、現状の焦りを益々感じたのだった。

 

 

 

今だから

せめて10歳以内の差ならこんなに考えることはない。いや、お互い今だからなのかもしれない。

私が上司で彼は部下。部下も部下、バイト。

彼の言葉が響くのも、今のこの私だからなのだろう。

彼が私を受け止めてくれるのも、私が上司だからなのだろう。

歳は親子程下だし、お金はないし、そもそもバイトだし、東京に住んでいないし、外見だって全然タイプじゃない。全然格好良くない。

だけど私は彼にどれだけ助けられただろう。精神的にどれだけ救われただろう。どれだけ言葉が染みただろう。

どうしてこの出会いなのかとと思ったけれど、この出会いでなければこんな気持ちにもならなかったであろう。

もうすぐ彼はここを卒業する。きっと彼は次の職場でも愛され、今はもう過去になっていくのであろう。

何をどうすることもできないからこそ、今までと変わらない態度でいよう。

そもそも私の勘違い。彼は私に対して、憧れとか尊敬の念での好意なのだ。勘違いしてはいけない。

男として見てはいけない。

でも1つ。私は好きになれば、あれこれ言い出すときりがなくなる条件は全く関係なく、人として好きになることが出来る。

好きになれないわけではない。人間性で人を好きになれるんだ、本当は。

プロのこじらせ女子

本当に結婚したいのだろうか。

 

自由を本当に満喫し過ぎた。時間もお金も自由なこの時を引き換えにしてでも、結婚したいのだろうか。

 

でもこのままでいいと思ってはいない。この先のことを考えると気が狂いそうになることも度々。

 

今までの40年とこれからの40年の違い。今までの40年がスカイブルーなら、これからの40年はダークブラウン。辛く苦しいことが間違いなくたくさん待っている。

 

親のこと、自分の老い。それを1人で乗り越えるだなんて考えたくない。気が狂う。

 

だからと言って結婚は一生のことだ。毎日顔を合わせ、毎日一緒に生活をするのだ。誰でもいいわけではない。

 

更にはそこに、今の生活を引き換えにしてでも結婚したいのだろうかという気持ちまで生まれてきてしまい、完全にこじらせ女子道まっしぐら。

 

今でもあの家に嫁ぎたかったという気持ちはある。人道的にごめんなさいだけど。彼ではなく、もはや彼の家族も含めた全てが愛おしかったんだよね。

 

この愛しさを越える気持ちになれるのかと、ふと思う。

 

婚活

片想いと潔癖が大影響で、10年レベルの婚活。

 

いつか自分史のような小説を書くにあたり、かなりネタに尽きないくらい思うことはある。

 

最近印象的だったのは、40歳過ぎても独身で特に難なしの男性が結婚出来ないのは、押しの強さがないからだという話。『好きだ』『付き合おう』などという、これがなければ何も始まらない最初の一言がないのである。別に言葉にしなくてもいい。とにかく『付き合う』ことへの何らかの決定打がないから、出来ないから、このような人はいまだ独身なのである。

 

女性からの押しを待っているのだろうか?それとも、私がなんとなく今はまだ告白するなーというオーラを醸し出しているからなのか。

 

それでも入って来る人は入って来るよ。勢いのある年下男子は、うまーく私の心に入って来たよ。

 

年を重ねる毎に失敗を恐れる気持ちはわかる。だけど婚活なんて当たってくだけてなんぼだ。男らしさを見せてみろ。物をあげることで好意を示すのではなく、やはり人間なのだから人間の特権『言葉』で伝えるべきなのではないだろうか。

 

わかってくれているはない。言葉にしなきゃわからないことってたくさんあるんだよ。

 

こう思っているのは私だけで、実は相手は単に釣った魚に餌をあげていないだけだったりして。それかそれ程の気持ちになっていないというそもそも論か。

 

とにかくバツイチを推されたり、年下男子の押しの強さが私には合っていることには間違いはない。

greatさん今度2人で飲みに行きませんか?

年下男子。

 

あの最強ぶりはなんだ。プロのこじらせ女子の心に気付いたら入り込んでいて、破壊力抜群な言葉を次々と投げ掛けてくる。

 

その1つがタイトルの言葉だ。

 

何気ない一言。なのに、年下男子が放つとなぜこんなすごい破壊力になるのだろうか。

 

話せばこんなに楽しいし、何よりいっぱい笑ってくれるのに。

 

同じ学校いたら間違いなくアプローチしてました。

 

学生時代に会ってみたかったです。

 

なんか初めてです。自分のことこんなに話したくなるの。

 

すごい。自分がもう傷つきたくなくて、何も感じないように感じないようにしてきた為、何をしても気持ちが動かなくなり悩んでいる私の心を一瞬にしてときめかせる、この強烈な破壊力はなんなんだ。

 

若さなのか、直球は人の心に響く。

女性リーダーについて

いくら女性が社会においてリーダーという立場にいたとしても、男性から見たら女性が何か言ってるよみたいな、なんて言うか女性を軽く見ているように感じていて、結局この世は男社会なんだなとがっかりし、最近まで女性がリーダーという姿をあまり良く思っていなかった。

 

しかし最近都知事が女性になったり防衛大臣が女性になり(昔から大臣が女性というのはあったし、最近自分が注目しているせいもあるけど。)そこで地道に仕事をし、色々結果を出し、更にはそれらリーダーに若い男性達が支持をしついて行っている姿に、女性が社会のリーダーとして活躍することがかっこよく思えてきた。女性の社会進出を身をもって表しているように思える。

 

女性リーダーに憧れを抱く。リーダー達の姿は、自分も何かできるのではないかという、小さな希望を抱かせてくれる。今の時代なら受け入れてもらえる女性の声ってある気がする。