読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

greatteacherの日記

プロのこじらせ女子の、迷える人生を徒然なるままに。

夢は政治家

この夢は本当に夢だ。

 

小池塾のオフ会みたいな会に初めて参加した。

 

知り合いいないしどうかと思ったけれど、100人規模の会ならある意味怖くないと思い(特定の宗教等良からぬことが主催ではないかと。)、思いきって参加を決意した。

 

最初はやはり完全アウェー。どうしたものかと思ったが、地域別になりそこで同地区3人で話し始めた。同地区という共通点のみであったが、お互い色々思うことがあって入塾した訳で、話していて根底にある志は同じであることを感じた。

 

このような様々な境遇の人達と話すことは、非常に刺激的であり、また人生についても考えさせられる。自分の人生もまだまだこれからいくらでも可能性があるのではないかという、新しい希望が湧いてくる。無駄に人生諦めたり悶々とし過ぎていた。

 

話は戻り、そこから輪が次々広がり、他地区ではあるが候補者の方とも話すことが出来た。これから選挙に出るまだ議員ではない方ではあったが、自分よりは遥かに動かす力がある方に思いが伝えられて良かったと思った。そしてなんとFacebookに写真まで載せられていて驚いた。

 

ここにいると日本も捨てたものじゃない、どうにかなるんじゃないかとか、希望が持てていく。

 

まさに希望の塾だ。

どれだけの言葉を

彼のすごいところは、何はさておき前向きだ。私がいくらネガティブな発言をしても、引くどころかポジティブな言葉で必ずそれを覆す。

 

最近だと、LINEのメッセージを消したくなくて機種変出来ないと話したら、もっと楽しいLINEで埋まるよと返してきた。

 

それを私がLINEしてすぐにそうしたポジティブな返事をしてくるから、本当にすごい。

 

今までこんな人が私の周りにいたか?大抵私の発言に対して、上から目線と言うか説教目線?今で言うマウンティング?そんな感じだった。

 

彼は違う。私の発言に対して否定せず自然に前を向かせてくれる言葉を普通に返してくる。

 

色々思い悩むことはある。家に来たいのもやりたいだけなんじゃないかとか、私は彼にとって付き合う対象ではなく尊敬の対象なだけではないかとか。しかしながら、この私が彼には甘えられる気がする。これはかなり大きなことだ。

 

そして今日思ったことがある。

 

彼が誰かと付き合ったら嫌だ。すごく嫌だ。

 

自分が1番でありたい。

 

これってやっぱり好きだよね。

9日の記録

もうわからなくなってきた。

 

好きは好きだけど、何て言うかやはりその好きが深くない。普通に好きというだけ。恋なだけ。愛じゃない。

 

やっぱりあの深さを経験してしまうと、今が違うことを冷静に感じることができるね。

 

彼は私に好意があると言うより、この立場の私に惹かれ、更には年上に憧れる年代で、私が面白がって食いつくから興味を持ってくれているだけだ。

 

私自身を好きなわけではない。

 

そんな気がしてならない。

 

尚且、私は子どもが欲しく結婚がしたい。本当にしたいのか?というごちゃごちゃする話は置いておき、好きな人と結婚がしたい。先が見えないことを長くしている時間がない。とにかく今は、最後のチャンスであろう子どもが欲しい願望をどうにかしたい。

 

何でも話せる良き後輩という、今の関係がベストなのではないかと思い始めている。

 

というのが昨日の気持ち。

 

2人に相談したけど、2人共とにかく進んでみることを勧めてきた。1人は両立しちゃっていいとすら。しかし私は婚活相手には触れ合いは無理だろうと。2人共様々な事例を知っているだけに、私のこの年齢を気にする話を気にすることないと言う。40代と学生という2人もいると言う。年下には追いついて来るの待っているからと言うとか、年上なだけに努力を怠らない話とか、色々アドバイスをもらった。

 

そして私は人生で玉砕をしていないと。玉砕して来なさいと。受験や就活でしていると反論したが、そういうことではなく対人間としてだと。確かにそうかもしれない。言葉を借りるならば、魂をぶつけ合ったことがない。そうした場面を避けてきた。

 

行動してから、そこからどうするか考えるようにしたい。傷つきたくなくて行動できずにいる。

冷静になる

彼が夜電話をして来た。前夜私がボタンを押し間違えて、電話をしてしまったからだ。

 

風呂上がり、歯磨き中でも電話に出てしまったのは、彼と話がしたかったからだ。

 

昨日電話が来て、話したいのかなって思ったからだと言っていた。

 

若いのに、別にモテるタイプじゃないのに、本当に女性に慣れている。

 

彼は飲んだ帰りで上機嫌。敬語じゃなくなっちゃうと言っていた。つい最近、年上女性に好意があると敬語じゃなくなってしまうという記述を読んでいたので、やはり私のこと好きなのか?と思ったが、同僚のことをあだ名で呼んだりしているのを聞き、好意は尊敬Likeに過ぎないんだな勘違いしてはいけないと気持ちが引いた。また、家に来たがっている発言に、やはりやりたいだけでは?とか益々気持ちが複雑になった。

 

実際彼の笑い声や、笑っていてくださいねの言葉に元気をもらったのは事実だけど。

 

翌日彼が職場に来た。余裕がない時間だったせいもあってか、ときめくことはなかった。

 

そして今日。少し冷静に考え、やはり私は今年は本当に結婚に結びつけたい。それには彼ではない。そう思えてきた。

 

恋愛と結婚は違うのだ。

恋をしている場合じゃないの

好きになる相手間違えている。

 

私。

 

でもね、嬉しいこと嫌なこと、何でもすぐに話したくなるの。

 

1番最初に話したくなるの。

 

好きだよね。これ。

 

ダメなの。好きって思っちゃ。

 

相手の気持ちが知りたくて、年下男子の気持ちを検索してしまう反面、すごく冷静になって勘違いも甚だしいと思うこともある。

 

その繰り返し。

 

この1年どれだけ救われてきたか。どれだけ救ってくれたか。

 

そこが大きくて。私の気持ちの中で大きくて。

 

好きは好きだけど、愛ではなく恋だと思う。

 

恋をしている場合じゃないの。そんな時間私にはないの。

 

だから気持ち殺さなきゃと思うんだけど、毎日のたわいない話をしたくなるんだよ。なんてことない話をしたくなるんだよ。

 

毎日話がしたくなるんだよ。

 

完全に奪われている

イーオンの花見の話を振られて、気持ちの高揚がなかった。わかっていたけど、むしろこのままなしでいいと思っていたくらいだった。

 

その瞬間はっきりとわかった。完全に心を奪われている。24歳に。

 

なんでこんなに心を奪われたのかは、検索すると目にする通りの理由だ。一言で言えばまっすぐにぶつけてくる言葉にやられたのだ。私がいくら何を言おうと決して引いたりしない。負けないとすら言ってくるそのまっすぐな言葉に、見事にやられたわけだ。

 

私が求めていたのはこれだったのか。一気に攻めて来るでもなく、だからといって何もしないでもなく、じわじわと要するにじわる攻め方で私の心に少しずつ入って来たのである。

 

完全に心を奪われている反面、今は冷静に現状と今後を考える。今は良くても今後はこれでいい訳がない。私は42歳彼は24歳。数字を逆にしてみた文字遊びか何かですか?というレベルのこの歳の差。彼には未来がある。いずれ絶対私のことより同年代がよくなるに決まっている。私でなければすぐにでも子どもが出来るであろう若さ。不妊治療なんて絶対させられない。

 

私は子どもが欲しい。結婚がしたい。今この瞬間の幸せではなく、継続した幸せが欲しい。

 

あれこれ並べたが、そもそも彼の私への好意は先輩としての好意だろう。私の勘違いも甚だ恥ずかしいものだ。

 

そんなことを色々考えていると冷静になり、

気持ちをコントロールしていかなくてはと思うのである。

 

今は完全に心を奪われているけど。

実は色々

何1つ結果を残せないけれど、いろんなことあるってしみじみ思うよ。

 

彼のことが大きいのはもちろんだけれど、その内容も考えてみるとよくやったなって。

 

彼の家庭の一大事に手を貸したあの夏。絶対曲げずに貫いた、初体験は大好きな人という願いを40歳にして本当に叶えた。なのに華々しくフラれ、まさかのもはやでき婚レベルの衝撃からの、愛しい愛犬との生活。そして彼の実家に通い、お母さんとこんなに親しくなった。

 

なんか今思うとあり得ないような体験を数年間に一気にした感じだ。

 

そしてやっと本当に気持ちに整理がついたと思ったら、まさかの18歳年下とこんなに親しくなっている。そのことで悩んでいる。

 

独身が長いと色々盛り沢山だな。

 

金運がいい人生だと自覚しているが、男に関しては本当下手と言うかうまくいかない人生だと思う。