greatteacherの日記

プロのこじらせ女子の、迷える人生を徒然なるままに。

人生を楽しんでいない

昨日は地元の英会話講座の最終日で、終了後先生を囲んでお茶会があった。

 

ニュージーランドから来た先生の日本人の印象や、外国での外国人の生活を聞くと色々考えさせられた。

 

自分は典型的な疲れた日本人だ。そして今人生を全く楽しんでいない。毎日働きたくないと思いながら出勤して、土日はやりたくない婚活をしたり、告白の返事をしなくてはとストレスになっている相手と会ったりして過ぎていく。そうでない時はなんとなく過ごして、なんとなくイーオンやジムへ行く。

 

ただなんとなく過ぎていく毎日。なんて時間を無駄にしているのだろう。

 

外国人は仕事も遊びも充実させているらしい。日本人はいっとき楽しんでもその時だけで継続される感じではないと言っていた。

 

日本人は疲れていると。

 

その通りだ。真面目な国民性なのだろうけれど、仕事が人生の大部分を占めている。

 

もっと人生を楽しみたい(飲みに行くとかではなく)と思ったし、海外に益々興味が湧いてきた。

 

実際に外国を肌で感じてみたい。

 

まずは小さなことだと、自分の働き方改革をしていくかな。

 

言われるのがわかる

朝の連ドラ『半分、青い』の神回と予告されていた今朝。

 

律が結婚報告するのかと思いきや、鈴愛にまさかのプロポーズ。

 

私はとてもいい話だと、朝からいいもの観たと思った。

 

しかしネットはどうだ。短冊や笛を持っていた鈴愛と律が気持ち悪いだの、いきなりプロポーズはおかしいだの、全然好意的でない意見ばかり。

 

作者はTwitterで、お互い会えると思ったから持って来た、律は就職決まったし唐突なプロポーズではなく会ったらするつもりだったとか、色々説明したらしい。なのに、更にそれに対してまで意見が出ている。

 

なんか自分が人様に素直だと言われることがわかった気がした。

 

短冊や笛を持っていたこと、私なら全然自分がやることだし、隣に座って話をしていて涙が出た気持ちもわかる。様々な想いが溢れれば涙も溢れてくる。5年会わなかったからこそ、その間に色々あって鈴愛への自分の気持ちに気付いたのだろうし、みんなのひねくれ具合に驚いてしまった。ストーリーに入らず、いかに辻褄が合わない点を見つけるかとか、そういう見方をしているとしか思えない。

 

私は素直に、今朝のストーリーとても良かったと思う。ドラマな内容でもなく、自分にもあり得るようなリアルな話に感じたけどね。

 

そんな私は中二病と言われてしまうのか?

仕事以外何も

話せば長いのだが、今居住区のとある大学の講座に通っている。

 

先生の教え方がとても上手く、また人柄にも、授業を受ける度に好感を抱いてきてしまった。

 

Facebookをやっていないはずがないので検索してみるものの、片仮名ではヒットされず、でも英語のスペルがわからず行き詰まっていた。

 

それが先週までの話。

 

今日先生が、最終回後にみんなでお茶をしましょうと授業の最後に話した。私は実質今日が最後なのだ。来週再来週仕事なのだ。

 

そうでないとしても、あと2回の講座でお別れは嫌だという想いでいっぱいになった。

 

こういう時のスイッチはすごい。まず先生の名前を思う英語で検索してみたが、もちろん出ない。次に片仮名で入れ、それを英訳と検索してみた。

 

出た。思っていたスペルと違っていた。

 

Facebookどころか、英会話講師みたいなこともしていたのかそのページもあり、LinkedInもあった。

 

間違いなく先生だ。これで最悪繋がることはできる。良かった。

 

しかし違う。最後の講義後のお茶会にどうしても参加したい。

 

やってしまおうか。嘘ついて仕事を休んでしまおうかと本気で考えている。

 

それくらいどちらが大事って、先生とのコミュニケーションを取りたいのだ。

 

後期はまだ決まっていないけど、TOEICの講座があるかもと言っていた。私が参加するような初級ではない。

 

主催者に後期も先生の講座をと強く希望メールを送ってみた。

 

これでおしまいにしたくない。すごく。

 

先生の英会話講師みたいなページの写真を見ていて思った。Jonathanもだが、自然の中でプライベートを満喫している写真が沢山見受けられる。

 

仕事がメインでプライベートは付属みたいな私とは真逆と言うか、自分がつまらない人生を送っているように感じてきてしまった。

 

仕事にやりがいを持つことはもちろんいいのだが、仕事に疲れて、他に今私は何かしたいということ、行きたいと思う場所があるか?人生が仕事になっていないか?人生が婚活になっていないか?

 

そんな狭い範囲のことばかりに、ぐるぐる悩み苦しみ、なんてつまらない人生なんだろうと思ってしまった。

かなり納得いかない

NHKのドキュメント番組に数週間前に出演した。

 

改めて思った。テレビはかなり編集されてしまう。

 

ここ近年急に焦って婚活始めた訳ではないし、ずっと婚活している選んでいた訳ではなく、他に片想いしていたから今こうなっているのにそこは省かれているから、今更婚活始めて何?みたいな反応が主。

 

漢方服用も、単に妊娠したいからというだけでなく、もしもそういうチャンスがあるてしたらその時にいい状態にしておきたいという、深い背景があるわけだし。冷えを改善したいのもあるし。あれじゃ単に、妊娠したいから漢方飲んでいますみたいな浅はかな考えに見えてしまう。

 

番組協力もこんなに編集されちゃうなら、今後考えてしまう。

 

プロデューサーが言った通り、ネットは見るものじゃないね。あれ見て一気に、通じていないんだなって嫌な気持ちになった。

言えません

私にとって最重要ポイントは、セックスしたいと思えるか否かの気がする。

 

人世の岐路にあまり直面したことがなく、今回初めての岐路で慎重に考えている印象を与えているみたいだが、慎重に考えているのではなく、単にあなたに性的魅力がないけど、逃したら次はないんじゃないかという不安から、答えを出せずにいるんですという本音は絶対に言えない。

 

絶対に譲れないことは、見た目が云々より身嗜み云々より、優しい云々より、触れ合いたいという気持ちになる可能性はあるか、はたまた言ってしまえばセックスしたい魅力を感じるかどうかということを、いい加減気付こうか、私。

 

どれも大事なことだけど、この可能性なしでは絶対無理。私は本当の性嫌悪ではない。好きな人には自分から襲いたいくらいの気持ちを抱いていたんだから。

 

あなたとセックスしたい気持ちになれないから悩んでいるとは言えません。

無駄なことは何一つとして

珍しく年末恒例の、大反省会iN心の中は行われず、精神的に下がることなく新年を迎えた。

 

最近思うことは、2年前好きな人とうまくいき結婚していたら、その後に経験した何でも気楽に話せる、自分が楽にいられる、居心地の良さの存在の大切さには気付かずに苦労した気がする。

 

当時好きな人に対してもそのつもりでいたが、今思えばものすごく気を遣っていた。

 

そう考えると、この結果と言うかこうなった現状は、私にとって良かったことであり、つまりはなるべくしてなったように思えてくる。この事を知る為の人生勉強として与えられたことだったように思うのである。

 

経験全てが、未熟な私の為に、また人として完成させる為に与えられたことなのではないかと思うことがあるのは、間違えていない気がする。

 

 

思うがままに書いてみる

やらない後悔よりやる後悔

正しいか正しくないかより自分はどうしたいのか

前もそうだし今もそう

結局私はいつでもつまずくのはセックス問題

結局いつも変わらない

結局そこが立ちはだかる壁

なんでそんなに立ちはだかる壁になるのか、紐解けばそれは私の家族関係から来ているように思う

生育歴って大きな影響を与えるんだなって

あそばれたいなんて言われちゃってどうしたらいいのかわからないけど

その答えは最初に書いたことに繋がるの

やらない後悔よりやる後悔

そして

正しいか正しくないかより自分はどうしたいのか

ここまで書いて数日経ち、今思うありのままの気持ちを書いてみる

曲げられないけどもう曲げるしかないのかな

本当に好きな人と今すぐでも結婚して、今すぐにでも妊娠して、無事に出産したい。1人でいいから自分が産んだ子どもが欲しい。子供を産みたい

年々飲むことが好きになること、たまに何もかももうつかれたと思い何もかも諦めようとしてしまうこと、自分を曲げるしかないのかと思うこと、全て自分が立ち回りが下手で好きな人と結局いつもうまくいかないことからくることだと思う

諦めから来るだけで、本当は本当に好きな人と結婚して妊娠して出産して平凡な家庭を作りたい

ただそれだけだ